相続・遺産分割・遺留分・相続放棄なら

平成16年(2004年)開設
土曜日も毎週、営業しています。
法律相談予約フォームから、いつでも法律相談の予約が可能です。

かわさき中央法律事務所(相続・遺産分割・遺留分・相続放棄)

神奈川県 川崎市 川崎区 宮前町 8-18 井口ビル301号
最寄駅:JR川崎駅・京急川崎駅

044-223-5090

電話受付

9:00~12:00、13:00~17:00
(土日を除く)

 スマホをご利用の方は、上部左側の「MENU」アイコンでメニューが表示でき、上部右側の電話アイコンで当事務所に電話をかけることができます。

 当事務所の特徴は、トップページをご覧ください。

遺言

 相続特集サイトを作成しました。

 こちらをご覧ください。

 → かわさき中央法律事務所(遺言)

はじめに

 遺言さえ作っておけば相続についての争いを避けることができたという場合も少なくありません。

 遺言ということばはよく聞きますが、実際にどのように作ればいいか、どのような場合には作った方がいいのか、ということはわからない方も少なくありません。

 遺言についての法律相談に対して適切なアドバイスを行い、弁護士を頼む必要がある場合にはご依頼をお受けしています。

遺言の種類

 1.普通の方式による遺言

 普通の方式による遺言には、

自筆証書遺言

公正証書遺言

秘密証書遺言

があります。

 自筆証書遺言と公正証書遺言が一般です。

 自筆証書遺言は、紛失の可能性があること、検認という家庭裁判所で行う手続が必要なこと、方式違反があると無効になる可能性があることから、公正証書遺言がおすすめです。

 

2.特別の方式による遺言

 特別の方式による遺言には、

危急時遺言

在船者の遺言

船舶遭難者の遺言

があります。

 数年に一度ぐらい、危急時遺言のご依頼を受けることがあるのですが、死亡危急時遺言は要件が厳しいので、お受けしておりません。

当事務所のウェブサイト

事務所

クリックで拡大します

主要業務エリア

川崎市全域(川崎・武蔵小杉・溝の口・登戸・新百合ヶ丘)とその周辺
横浜市鶴見区・神奈川区・港北区(日吉・綱島)・都筑区・青葉区・緑区・西区・中区・保土ヶ谷区・旭区・瀬谷区・磯子区・金沢区・南区・港南区・戸塚区・栄区・泉区とその周辺
藤沢市・鎌倉市・横須賀市とその周辺
東京都大田区(蒲田)・世田谷区(田園調布・自由が丘)・狛江市・稲城市・国立市・立川市とその周辺
を中心に、一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)