相続・遺産分割・遺留分・相続放棄なら

平成16年(2004年)開設
土曜日も毎週、営業しています。
法律相談予約フォームから、いつでも法律相談の予約が可能です。

かわさき中央法律事務所(相続・遺産分割・遺留分・相続放棄)

神奈川県 川崎市 川崎区 宮前町 8-18 井口ビル301号
最寄駅:JR川崎駅・京急川崎駅

044-223-5090

電話受付

9:00~12:00、13:00~17:00
(土日を除く)

 スマホをご利用の方は、上部左側の「MENU」アイコンでメニューが表示でき、上部右側の電話アイコンで当事務所に電話をかけることができます。

 当事務所の特徴は、トップページをご覧ください。

遺留分(相続)

 相続特集サイトを作成しました。

 こちらをご覧ください。

 → かわさき中央法律事務所(遺留分)

はじめに

 川崎の家庭裁判所・地方裁判所から徒歩2~3分の場所という立地もあり、また、近年、遺言をする方が増えたこともあり、遺留分についてのご相談やご依頼が増えてきています。

 遺留分は調停で不調になると審判ではなく民事訴訟になります。少なくとも民事訴訟は、ご自分で行うことはかなり困難なことです。

 遺留分専門弁護士ではありませんが、遺留分について、法律相談及びご依頼をお受けしています。

法律相談は、平日夜間・土曜日も対応

 遺留分に関する法律相談を、平日昼間(毎日)だけでなく、平日夜間(毎日)、土曜日(祝日を除く毎週)にもお受けしています。

 法律相談は相談だけです。法律相談をしたからといって依頼しなければいけなくなるということはありません。

 法律相談料は、30分刻みで5,000円プラス消費税です。平日昼間も、平日夜間・土曜日も、金額は同じです。

 法律相談及びご依頼をお受けするのは、弁護士歴17年、20年の、遺産分割や遺留分の経験豊富な弁護士です。

ご依頼いただいた後の打ち合わせも、平日夜間・土曜日対応

 法律相談は平日夜間・土曜日もやるが、ご依頼いただいた後の打ち合わせは平日昼間だけ、というのでは、困ってしまう方もいらっしゃると思います。

 ご依頼いただいた後の打ち合わせも、平日夜間・土曜日が可能です。

 調停の期日や裁判の期日はお仕事をお休みいただく必要がありますが、土日休みの方であれば土曜日に打ち合わせを行いますので、打ち合わせのためにお仕事を休む必要はなくなります。

遺留分に関する弁護士費用

 遺留分減殺請求に関する内容証明郵便は、弁護氏名を表示する、しないにかかわらず、1通について30,000円プラス消費税(送料は別途)です。

 調停・訴訟はともに、平成16年に廃止された報酬基準によります。

遠隔地又は海外にお住まいの方からのご依頼もお受けします。

 遠隔地又は海外にお住まいの方からもご依頼をお受けします。

 連絡はメール、書類のやりとりやメール添付のPDFファイル、打ち合わせはスカイプ又はIP電話によることも可能です。ただし、初回法律相談は事務所での面談となります。

遠隔地の裁判所の調停や民事訴訟もお受けします。

 日本国中、どこの裁判所で行われる調停や民事訴訟もお受けします。

どの法律事務所に頼めばいいか、どの弁護士に相談すればいいかがわからないお客様のお役に立てるよう、努力を重ねています。

 遺留分の事件について評判のいい法律事務所はどこか、遺留分の分野で評価の高い弁護士はどの弁護士か、遺留分の問題に強い弁護士はどの弁護士かについて探そうと思っても、なかなか難しいと思います。

 法律事務所は、1件の法律相談が30分から1時間ぐらい、1回事件をご依頼いただけば、普通は数か月間かけてその事件に取り組みます。

 そのため、1日のご来客数は数名であり、飲食店のように1日数百人の来客があったり、病院や歯科医院のように1日数十人から百人ぐらいの来客がある業種とは異なり、飲食店や、病院や歯科医院のような、評判や評価、口コミといったものは形成されづらいのが現状です。

 事前に評判や評価、口コミを調べることがなかなかできない中で、数ある法律事務所の中から当法律事務所をお選びいただいたお客様のために、最善を尽くすよう、多数の事件を処理する中でノウハウを蓄積し、判例雑誌や法律雑誌に可能な限り目を通すなど、日頃から研鑽に努めています。

当事務所のウェブサイト

事務所

クリックで拡大します

主要業務エリア

川崎市全域(川崎・武蔵小杉・溝の口・登戸・新百合ヶ丘)とその周辺
横浜市鶴見区・神奈川区・港北区(日吉・綱島)・都筑区・青葉区・緑区・西区・中区・保土ヶ谷区・旭区・瀬谷区・磯子区・金沢区・南区・港南区・戸塚区・栄区・泉区とその周辺
藤沢市・鎌倉市・横須賀市とその周辺
東京都大田区(蒲田)・世田谷区(田園調布・自由が丘)・狛江市・稲城市・国立市・立川市とその周辺
を中心に、一都三県(東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県)